2018年4月9日月曜日

保存会便り第69号

◆漬物とお米(掛け稲)販売開始

公民館での「そば処畦」営業の折、ソバセットで出している「漬物とごはん」が好評。「販売してコール」に答えて

◎漬物は100円◎お米(ひのひかり・掛け稲)10㌔3600円 での販売を始めました。購入希望の方は公民館での「そば処畦」開店日(4月は15・22の両日)に直接か、保存会事務局までご連絡下さい。

◆土人形、KBC「ドォーモ」取材

畦町宿の道筋に飾られている「土人形」は広島の故高延英昭さんの作品。そのユニークさが魅力で去年はスナッピーが来ましたが、3月14日にはKBCテレビの「ドォーモ」が取材に。「畦町の不思議な土人形、何のために並べてあるんでしょう」というメールが番組宛に視聴者からあったそうで。4月に入ったら放映予定とのこと。

◆菜の花、5か所に咲いてます。

12月に種まきした菜の花咲いてます。場所は貴船様前・ぎゃらりぃ畦駐車場奥と横の田んぼ・天満宮過ぎての畦町橋両脇の田んぼです。楽しんで下さい。

ジャカランタ植樹・菜の花移植―ほっとするまちづくりー

3月25日の第4日曜の作業日は上々のお天気。午後1時30分から、津屋崎の会員正岡功さん寄贈のジャカランタ7本を松井律夫副会長の指導で、公民館駐車場・地蔵尊・お大師様・お祇園様・小田善彦さんの果樹畑に移植。合わせて菜の花の移植も行いました(写真)。参加は20数名。「ほっとするまち」畦町の景観づくり、みなさんのご協力に感謝。

畦町に山桜の新名所―写真撮影スポットなんだー

左の写真。撮影者は若木台の写真家さん。写しているのは氏神様裏側、道が二股に分かれている場所の山手側の「山桜」。今年は例年より早く咲いてます。写真家Kさん「この山桜、年々きれいになりますね、今年はグンと美しい」と撮影位置を数か所替えては、三脚使ってアングル決めてパチリパチリ。「ソバの花が咲く時にも撮影させてもらってます」とのこと。この山桜も「ほっとするまち」

4月21日土曜―新年度総会―ご参加おねがいします!

保存会も活動初めて6年目。今年の総会を畦町公民館で、19時から行います。29年度の活動を映像でも紹介。「ほっとするまち」畦町つくり前進のため、あなたのお知恵をお貸し下さい。議案は事前配布。


第69号 2018.4.5 事務局 畦町368 岩熊寛 方
☎080-9244-5128 メール  hirohiro@jt2.so-net.ne.jp
Hpはこちら